消化できない食物繊維が、なぜ体にいい?

 
今日は腸内環境
整えるうえでは
欠かせない、
食物繊維についてです。
 
 
 
 
 
お便りの材料ともなる
食物繊維ですが・・・
 
 
 
 
 
 
以前は、食物繊維は
無駄なものと考えられて
いました。
 
 
 
 
それは、人間の体は
食物繊維をほとんど
消化できず、
そこから栄養素を
得ることができないからです。
 
 
 
 
 
しかし最近では、
食物繊維が注目されるように
なりました!!
 
 
 
 
なぜなら、
食物繊維が
「人体にとって消化しにくい」
という点こそが、
 
 
 
 
 
食物繊維の価値なんです。
 
 
 
 
 
有害物質がすみやかに
食物繊維に吸着されれば、
有害物質が腸壁の
接触しにくくなります。
 
 
 
 
 
 
腸壁は、有害物質が
血液を通じて体にしみ出して
しまわないように守っている
防御壁のようなものです。
 
 
 
 
 
つまり食物繊維は、
有害物質が腸壁に
触れにくくすることで、
間接的に免疫力を
高めるともいえる
のです。
 
 
 
 
 
例えば
お通じの調子が悪いときや
野菜が少なく、肉中心の
食事が続くと
肌の調子が悪く
なりませんか?
 
 
 
 
210eefce34d2976d67fa707963442d1d_s.jpg
 
 
 
 
毎日、じわじわと腸から
有害物質は吸収されているので
食事内容によっては
肌に現れやすくなって
しまいます。
 
 
 
 
 
あなたは
今日のお食事に
食物繊維はありましたか?
 
 
 
1466889.jpg
 
 
 
 
 
 
是非、腸のためにも
穀物・野菜・きのこ
海藻類・果物から
食物繊維を取り入れて
いきましょう!
 
 
カラダ活性バラ.JPG