高血圧でも味噌汁は大丈夫!味噌の塩分濃度と野菜たっぷりで血圧対策

今日は1日味噌レシピの
試作してました。
 
 
 
 
私がお気に入りの
佐野みそ亀戸本店さんで
いただいた、
味噌プリンと
フレンチトースト みそキャラメルソースが
美味しくて
 
 
 
IMG_6609.JPG
 
 
 
 
家でも味噌スイーツを作りたい!と
思っていました(^^)/
 
 
 
味噌というと塩が入っているから
しょっぱいイメージですよね?
 
 
 
 
味噌によって塩度がかなり違います。
例えば
京都白みそは塩度4.7%
江戸甘みそ黒塩度5.5%
であるのに対し
 
_DSC1436.JPG
 
 
仙台こしは塩度12.7%
越後こめ糀十麹白は塩度12.5%
と2~3倍も違います。
 
IMG_6409.JPG
 
 
 
味噌の色で塩度を判断しそうですが、
色が濃いからと言って
塩度が高いわけではないんですよ。
 
 
 
 
 
高血圧で減塩をされて
いる方は
お味噌汁の塩分量を
気にされます。
 
 
 
 
1560739.jpg
 
 
気になりますか?
 
 
 
 
 
お味噌汁1杯で約1g前後の
塩分量ではあります。
 
 
 
 
お味噌汁1杯で食塩1g!!と
驚かれるかもしれませんが
 
 
 
 
 
炒めものや煮物など
おかずにも食塩は
含まれています。
 
 
 
 
 
おかずを食べる量が増えれば
増えるほど食塩の摂取量は
多くなります。
 
 
 
 
 
私が普段お伝えしている
ご飯&味噌汁」中心生活では
一汁一菜という
シンプルな組み合わせです。
 
 
 
 
 
例えば
お味噌汁を1日3倍食べたと
しても
 
 
 
 
 
おかずを1品で少量に
していれば
結果的に
食塩の摂取量は減ります。
 
 
 
 
 
お味噌汁のメリットは
野菜に含まれている
ビタミンやミネラルなど
 
 
 
 
代謝に必要な栄養素が
効率よくいただけること!
 
 
 
 
炒めものや煮物も
サラダに比べれば
 
 
 
 
野菜を加熱することで
野菜のカサが減るので
食べやすくなります。
 
 
 
7af0fd3f6457e038b16335ef8374b18f_s.jpg
 
 
 
 
ただ残念なことに
野菜のビタミンやミネラルは
切り口からどんどん出て
いってしまうのです。
 
 
 
 
 
炒めものをしたとき、
野菜から水分が出てきませんか?
 
 
 
 
あの中にビタミンや
ミネラルが含まれています。
 
 
 
 
もったいないですね~
 
 
 
 
同じ加熱でも
野菜から失われて
しまったら効率が
悪くなってしまいます。
 
 
 
 
 
その点
お味噌汁は
汁ごといただくので
 
 
 
ビタミンやミネラルが汁に
出ていってしまっても
取り入れることが
できるのです。
 
 
 
 
とくに野菜に含まれる
カリウムは体内のナトリウムを
排泄する働きがあります。
 
 
 
 
 
カリウムには血圧を下げる働き
があるとも言われています。
 
 
 
 
 
 
もし血圧で塩分が気になるときは
減塩の味噌ではなく
製法の時に塩度を調節している
味噌を使ってみてくださいね。
 
 
 
 
 
減塩商品は添加物が
使われています。
 
 
 
 
 
塩度の低い味噌は
製法時に塩の量が
少ないものです。
 
 
 
 
 
ちなみに塩度が低い味噌は
傷みやすく、保存性が劣るので
冷凍庫に保存して
お使いいただくといいですよ。