穀物由来の食物繊維が腸に1番おすすめ

食物繊維のタイプは2つ
・水溶性食物繊維
・不溶性食物繊維
があります。
 
 
 
 
では雑穀やお米など雑穀は
どちらが多いと思いますか?
 
 
 
 
穀物は不溶性が多いです。
 
 
 
 
 
雑穀には不溶性も水溶性も
両方ともバランスよく
含まれています。
 
 
 
 
 
白米は精製されているので
食物繊維が分つき米や
玄米に比べると
少なくなってしまいます。
 
 
1399958.jpg
 
 
 
 
食物繊維をアップする
ためにも、雑穀を混ぜる
のがおすすめです。
 
 
 
カラダ活性バラ.JPG
 
 
 
 
 
雑穀の中でも、
とくに大麦にもっとも
多く食物繊維が
含まれています。
 
 
 
 
 
 
一時、もち麦がブームに
なりましたよね?
 
 
 
 
もち麦は
大麦βグルカン」という
水溶性食物繊維が多いです。
 
 
 
 
 
野菜からの食物繊維を
取り入れよう!という
イメージがつよいですが、
 
 
 
 
野菜よりも
穀物由来の方が
整腸作用が強い
いわれています。
 
 
 
またお米には
レジスタントスターチ
という、
難消化性でんぷん
含みます。
 
 
 
 
 
食物繊維に似た性質で
排出されやすく、
整腸作用もあります。
 
 
 
 
 
腸内環境を整える
ためには
「食物繊維」が大切です。
 
 
 
 
 
是非、野菜や海藻類から
だけでなく、穀物由来
からも取り入れて
みてくださいね!
 
 
 
 
雑穀ご飯はおすすめですよ!