1日15分は日光に当たっていますか?骨の代謝に必要なビタミンD

突然ですが!
あなたは毎日15分、
日に当たっていますか?
 
 
 
 
実は日光に当たりることは
骨の代謝にとっても
大切なんですよ。
 
 
 
 
特に女性の方!
骨粗鬆症の予防
ためにも日光に
当たりましょう。
 
 
1467137.jpg
 
 
男性も骨粗鬆症に
なりますが、
女性ホルモンの関係で
特に女性が骨粗鬆症に
なりやすいです。
 
 
 
そこで今回ご紹介
したい栄養素
ビタミンDです。
 
 
 
 
 
骨だとカルシウムと
思いますよね。
 
 
 
 
骨を作るにはカルシウム
以外にも、様々な栄養素
が必要です。
 
 
 
 
特にビタミンDは、
カルシウムの吸収や、
骨の代謝に欠かせない
栄養素です。
 
 
 
 
 
食事からもとれますが、
日光を浴びることにより
体内で作ることができます。
 
 
 
 
ですが、日照時間が短く
日光を浴びる時間が少ない冬は、
ビタミンDの体内合成量が
少なくなり、不足しやすくなります。
 
 
 
 
 
ちなみにビタミンDを
多く含む食品は何でしょう。
 
 
 
 
ビタミンDを多く含む食品
鮭やマスなどの魚介類です。
 
 
1729341.jpg
 
 
またきくらげや干し椎茸にも
含まれています。
 
 
 
 
ただ最近の干ししいたけは、
天日干しではなく、
乾燥なので、ビタミンDを
沢山含んでいるかは
確かではありません。
 
 
 

残念なことに、
穀類や野菜には
含まれておらず、
肉類にも多くは含まれて
いません。

 
 
 
 
 
食品から摂りにくい
ビタミンDは、日光浴を
して、体内で作って
いきましょう。
 
 
 
 
おすすめポイント!
具沢山の味噌汁
きのこ類を入れると
ビタミンDは補えますよ。
 
 
できればきのこ類は
ざるにあけ、日光に当てたほうが
ビタミンDの量が増えます。
 
 
 
 
238f81ad3c260cc7d55022152f52acf9_s.jpg
 
 
これからますます寒く
なると、外出が億劫に
なることもありますよね。
 
 
 
 
 
あなたの骨のために、
日が出ている温かい時間帯に
外出してみてくださいね!